2010.12.24 Friday

こらえ

0
    『 言い足りない分は、後で言い足せばよい。
      言い過ぎた事は、取り返しがつかない。
       言い足りないくらいが丁度良い。』


    そう言って政子さんは笑った。


    『 昔は、3世帯が一緒に住みよったやろ。
      女はその家に入る訳で、文化が違う常識が違う。
      理不尽だなぁと思う事があっても、我慢するしかなかったんよ。』



    『 でもね、そのこらえている姿を、子どもが見てる。
      お母さんもこらえているんだ。子どももこらえを学ぶ。
      「こらえ」は人を強くさせるんよ。 』




    『 ぐっとこらえる。 人の話を聞く。 怒りそうになっても我慢。
      言い足りない分は、後で考えてみて、どうしても言う必要があれば
      後から言い足せばよい。

       言ってしまった事は、とりかえしがつかないし、
       言い過ぎた事は、謝らんといけなくなる。
        こらえて、感情的にならん。

      だから、言い足りないくらいが丁度良い。
      お父さんから、何度も聞いた話なんやわー。

      でもねぇ。色々言われて、怒った時の方が、仕事はかどるんよねー。』



    「あじさい農産加工所」
    後藤政子さんから、頂いたコトバでした。
    ありがとうございます。


    あじさい加工の、薬膳まんじゅうや山野草茶お勧めの逸品ですよ。



    2010.12.23 Thursday

    今年は出す!

    0
       今まで、何かと理由をつけて年賀状を出していなかったのですが、
      今年から出していこうと思います。
      いや、出します!

      腹をくくる意味でも・・・。



      準備期間がそろそろ終わりそうだ。
      来年は具体的に組み立てる年にします。
      それを宣言する為にも・・・。
      2010.12.21 Tuesday

      夢の世界を現実に。

      0
         幻想・夢・目標・予定。

        幻想は幻なので置いといて、
        20代後半の頃、夢を実現する為には、
        どんどん目標化して、予定としてクリアしていく
        と教わった。

        夢や理想を掲げる事は、心地良いが
        自己満足で終わらないように、現実化していく道を模索しよう。
        年の瀬に迎い、潜る。引き寄せる。 沈思黙考!
        2010.06.14 Monday

        安井潤一郎氏総決起集会

        0

          東京でお世話になっている安井潤一郎氏の
          総決起集会が神楽坂毘沙門天『善国寺』境内にて行われました。
          その様子を動画にしました。


          1 総決起集会開会挨拶 司会進行 綱島信一氏
             



          2 激励1 神楽坂商店街理事長 サイトウ氏
            激励2 新宿区商店街連合会副会長 シムラ氏
            激励3 豊島区染井銀座理事長 タカノ氏
            激励4 札幌市ハッサム北商店街理事長 土屋秀男氏
            激励5 早稲田高田馬場西川口並木商店会 田辺氏




          3 激励6 福岡県苅田町商店街青年部・町議会議員 トモダケンジ氏
            激励7 鹿児島県うすき商店街理事長 カワイテツジ氏
            




          4 安井潤一郎氏講演1



          5 安井潤一郎氏講演2



          6 がんばるぞー!!
            
          2010.06.13 Sunday

          『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.09】

          0
            『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.09】
            安井潤一郎氏講演


            9  質疑応答【2】
                早稲田大学大学院生

                 商店会の方々はみんな仲が良いとばかり思っていた。
                 よく考えると同業者。ライバルという事に気付かされました。
                 7つの商店会が手を結んだ事は凄い事だと思った。
             
                 学生と地域がコラボレーションするにはどうしたらいいか?
             

                安井氏
                昔は、下宿など、学生と住民の距離が近かった。
                学生闘争で互いに不信感を持ってしまい、距離が離れてしまったが
                もう一度、元に戻そうと試みている。

                重要なのは、真ん中で、どうやってコーディネートするか。
                継続性を持たせるには、前面に住民を出し、サポートを学生がする
                といった形を作っていく事だと思う。

            続きを読む >>
            2010.06.12 Saturday

            『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.08】

            0

              『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.08】

              安井潤一郎氏講演



              8  質疑応答【1】
                  環境活動は一手段。まちは縦割りでなく横でつながる。   

                  早稲田大学 箸本教授
                  まちづくりは『やらないといけない』ではない事を実感した。、
                  失敗した事もあるかもしれないが、順々と輪を広げていく手法は
                  貴重な教訓として更に興味を持ちました。    

                  安井氏
                  我々は、『ことば』を大事にしている。
                  『失敗と書いて、経験と読んでいます』

                  そんな事やって何がある!との批判的な声に対しては、
                  みんなの答えをひとつにした。
                  『解らないから面白い。ゾクゾクする。だからやるんだ』と

                  
              2010.06.11 Friday

              『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.07】

              0
                『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.07】

                安井潤一郎氏講演

                7(最終話)
                  地域通貨エコマネー『アトム通貨』

                   手塚治虫先生が昭和26年に提唱した事。
                   鉄腕アトムに秘められたメッセージは
                   『ガラスの地球を救え!』

                   いい事をした。『ありがとう』の形が生まれた
                   それがアトム通貨となって2004年スタート。
                   『レジ袋使いまわし大作戦!』が定着。


                   講演の最後の言葉が心に残る。
                   『 まちを愛す。
                     大人がまちを愛したら、
                     子どもは荒れない。』



                2010.06.10 Thursday

                『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.06】

                0
                  『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.06】
                  安井潤一郎氏講演



                  6 震災疎開パッケージ(阪神淡路大震災を受けて)

                    『お前知ってるか?
                     仮設住宅で、年寄りが灯油被って死ぬんだぞ!
                     あの時、死ねばよかったってな…。』
                    ポロポロ涙を出して語る商店主。
                    
                    神戸市大正筋のメンバーが視察に来てから安井氏は衝撃を受ける。
                    あの阪神淡路大震災を受けて学んだ事は何か。
                    切迫している首都圏の現状を受けて新商品が生まれた。



                    
                  2010.06.09 Wednesday

                  『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.05】

                  0
                    『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.05】
                    安井潤一郎氏講演


                    5 おぃ!  金になったよ。 いつの間にか♪
                    早稲田商店街広報事業部 修学旅行を受入れ! 
                    視察見学から450万円の収入を!?
                    環境をテーマとしたまちづくりの視察対応。驚きは続く・・・!


                    阪神・淡路大震災で壊滅的ダメージを受けた神戸の
                    大正筋商店街の皆さんが視察に来てから変わる。
                    安井氏が、命を賭けはじめるきっかけに・・・。

                     それが『震災疎開パッケージ』



                    2010.06.08 Tuesday

                    『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.04】

                    0
                      『環境のまち早稲田』のまちづくり【No.04】
                      安井潤一郎氏講演


                      3 商店会は、『組織』ではなく『場』であった。

                        機会創出。それこそが商店会の意義だったんだ。
                        エコ、環境という、誰もがどこかで気にしている事を
                        イベントにする事で、町中が揺れ動く。

                        キーワードは
                        『良いことをして、当たった物は、使いたい!』

                        
                        行政補助なし。企画会社なし。完全自立イベント。
                        現在3万人動員。
                        恐ろしい・・・。

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      佐藤知博(さとうちひろ)
                      profilephoto
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM