2013.04.15 Monday

契約満了。そして・・・

0
    竹田へ移り住み5年半。
    食育をテーマとした地域活性化活動も一旦区切りをつけました。

    地域活性化を人生の主たる生き方として来た。
    講師と現地をつなぐ推進役として2年半。
    商品化及び販路拡大の指導員として2年。
    地域活性化をテーマとした中華そば屋店長として1年。

    現場で先ず動く。最前線で働く手法を取った。
    しかし、力不足を痛感。諸々動かす事、抵抗勢力に打ち勝つ事。
    その為にも、私自身が力を持たなければならない。


    竹田での経験は、何事にも変えられない財産となりました。
    そして、そのスキルを活かしてMYU↑さんの活動に合流する事にしました。
    さぁ、しっかりと力をつけるぞ!

    2010.12.27 Monday

    感情があふれて

    0

      35歳にもなって人前で涙を流す。
      最低のプレゼンとコメントをもらう。
      アホやなワシは。


      ワシなりに一生懸命しているのだが
      まちがった事ばかりを全力でするからタチが悪いらしい。
      ホンマ情けない。




      全力で修正を掛けてくれる皆様に感謝の念で、
      また、涙があふれてくる。
      ありがとうございます。


      アホあほアーホ
      この才能。少しお分けしますが
      だれかもらってくれませんかねぇ・・・。

      2010.12.10 Friday

      よそ者、わか者・・・

      0
        昨日の続きです。


        かぐら苑の店長さんが、
        竹田の地力は凄い。とおっしゃってくれましたが、
        本当にその通りだと思います。


        皆さんが主体的に動き、課題に向き合っている姿を見ると
        元気を頂きます。応援したいと心から思っています。
        素晴らしい資源があり、それを活かそうとする人材がいる。
        誇らしい町です。竹田は。


        さて、まちづくりには、
        『よそ者、わか者、バカ者』が必要なんだと
        まちづくり仕掛け人の『斉藤俊幸』地域再生マネージャーが
        おっしゃっておりました。



        わたくし、
        よそ者、わか者、バカ者』ではございます。
        わたくし、竹田にとって、一定の役割を果たせたのでしょうか。



        今回、司会や全体コーディネートを仰せつかった事で
        自分自身の竹田に来ての3年間を集約させてもらう
        機会を頂いたイベントだった様な気がします。


        今後も様々な切り口で活動されるみなさままと一緒に、
        地域がつながっていく動きを、
        私自身もお手伝いさせて
        頂きたいと思っております。



        ありがとうございました。

        2010.12.09 Thursday

        食の円卓会議の御礼

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル
           

          6日に行われた『食の円卓会議』は、皆さまのお力をおかりして、
          何とか無事終える事が出来ました。


          不慣れで、行き届かなかった点も多々あり、
          相変わらず迷惑掛けてばかりで
          ありますが、
          私自身も大役を終えてやっと荷が降りた所です。


           

          シンポジウム中、来場者からの発言でマイクを回した時

          熊本県のかぐら宛の店長さんがおっしゃったコトバで、


          『今回のシンポジウムには若者が多い。そして女性が多い。凄い!

          竹田は良い町ですね。普通、何かを始める時には、必ず反発が出る。

          この様な活発な動きがあり、その背景にある土壌が育っている事に驚いた。

          竹田の懐の深さ、受け入れる器量があるんですね。』

           



          それを聞いて、実は、思わず涙が出そうになりました。

          私自身が育てていただいているなぁと・・・再認識して・・・。

          感謝の思いで一杯です。この場を借りて御礼申し上げます。



           

          ありがとうございました!!

          2010.12.07 Tuesday

          無事、大役を終える事が出来ました

          0
             昨日、大分県が主催する『食の円卓会議』が無事終了いたしました。
            これは、食の安心安全をテーマとしたもので、竹田で活躍している皆さんの
            事例発表とパネルディスカッション、そして美味しい郷土料理を食する事のできる
            シンポジウムでした。

            その、総合司会と、総合コーディネーターを務めさせて頂きました。
            何分不慣れな所もあり、気がつかなかった点も沢山あったと思います。
            支えて下さった皆様、ご来場の皆様。沢山の応援ありがとうございました。

             また、詳しい内容についてはご紹介させて頂きますが
            とりいそぎお礼まで。



            追伸:特に特にお世話になった御三方へ
            的確なアドバイスをくれた児玉室長
            遠くより見守って下さった本山さん
            連日の深夜まで及ぶ打合せにつきあってくれた都甲さん
            本当にありがとうございました。すっっっげぇーー勉強になりました。
            2010.11.30 Tuesday

            今年最後の生キクラゲ出荷(竹田原木キクラゲ本舗)

            0
               
              東京の高級料亭さんより、生キクラゲの発注を頂きました。
              寒くなったので、芽は出ているものの、今後大きくならない為、
              今回で生キクラゲの出荷はおしまいです。

              今日は、大分県のキクラゲ栽培指導して下さっている山本さんが来てくれました。
              そして、お客様に『きのこセンター』(公的なキノコ専門の研究所。全国的にも稀有。)の方が
              キクラゲ生産効率についての研究途中データも持ってきてくれました。


              竹田原木キクラゲ本舗の佐藤精治会長と、大いにキクラゲ談議に花が咲きましたとさ。


              ちなみに、今回、写真のほだ木を東京に送りました。
              どうやら、その高級料亭さんが、全国放送に流れるようで、
              こだわりのキクラゲを紹介したいので、木のまま送って欲しいとかで。

              うーん。注文を頂いたらどうしよう。嬉しいのだが在庫が・・・(笑)



              この写真は、今日取材に来てくれた読売新聞社の堀米記者から頂きました。ありがとう。

              記事には、会長お1人で撮った写真が載ると思いますが、
              影から応援してくれている山本さんと一緒に♪ 舞台裏の撮影会でした。

              2010.11.10 Wednesday

              竹田原木キクラゲ売れています

              0
                 嬉しい限りです。
                竹田が原木でのキクラゲ栽培に取り組み始めて3年目を
                迎えようとしています。

                全国でも、大規模な栽培例は全くなく
                採算性も取れるか解らない状態でのスタートでした。


                気合の入った生産者さんがいて、その方の呼びかけで
                生産拡大を図る為『竹田原木キクラゲ本舗』を設立。

                少量ながら、ようやく販売体制にこぎつけようとしています。
                今年の最後の集荷日が15日に控えています。


                今日も注文を頂きました。
                さぁ。頑張って荷造りするぞー!


                2010.09.27 Monday

                好調!問い合わせありがとうございます

                0
                   昨日読売新聞に『コーンスープの素』を掲載して頂きましたが、
                  問い合わせがリンリンと。(ジャンジャンまではいかない・・・笑)


                  2個〜6個の注文が多かった。客単価平均2000円くらいだった。
                  送料は頂く予定だったが、クール・コレクト入れるともの凄く高い。
                  その話をするのが心苦しかった。

                  なので、送料をお安くできる仕組みを検討します。
                  ちょっと考えて折り返しお電話します!と一回切った。
                  緊急会議勃発である。会長呼んで、作戦会議だ。

                  5000円以上なら、送料サービスしようと決定♪
                  電話口で、スープの他に、ちまちやとうきびまんじゅうが美味しいんですよ♪
                  ってな商品紹介をすると、5000円を出してくださるお客様続発!

                  お客様は、スープは購入する気が満々な訳である。
                  直接お話していると、やはりその様な、地方特産品に興味がある方が多かった。
                  購買意欲を後押しするような紹介ができると、単価UP↑につながるんだ。と
                  改めて実感しました。


                  発送に関わる書類や諸々準備で、今日一日おおわわらでした。
                  勉強になります。ありがとうございました。
                  読売新聞、堀米記者〜。忙しい一日にしてくれありがとうdesu!
                  2010.09.26 Sunday

                  読売新聞へ掲載!(コーンスープの素)

                  0
                     本日、取扱商品のコーンスープの素が
                    読売新聞に掲載されました!

                    自然の甘さで、砂糖一切無添加。
                    とうもろこしの香りがほんわり。やさしい味ですよ♪

                    全国発送承り中!

                    読売新聞朝刊12面。堀米記者、ありがとうございます(^^)


                    2010.09.21 Tuesday

                    九州のムラ市場へ視察

                    0
                      「たけた食育ツーリズム」
                      これは、竹田の地域資源に光をあて、磨きをかける事で
                      住む人にとっても、訪れる人にとっても心地よい竹田を創る取組み。


                      食育事業推進員として2年半、商品化に関わって様々な商品が生まれてきましたが
                      売れ続ける仕組みを作る事が命題となっています。
                      今日は、活性化推進室が企画し新パッケージ事業に関わったみなさんと一緒に
                      福岡県にある「九州のムラ市場」という施設に視察へ行ってきました。

                      以前、店長さんが竹田の良い商品を仕入れたいと来竹。説明会が開かれ、
                      「消費者の方へ、その商品の魅力を伝えられるかは、店員の熱意が必要なんだ。」
                      「売れないんじゃない。売りきれないんだ」といった言葉が印象的でした。


                      お店は、暖かみがあり、POPも手作りで工夫が凝らされていました。
                      店長さんがいらっしゃらなかったのが残念。




                      竹田産発見。知り合いの卯野農場さんでした。なんか嬉しい♪

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      佐藤知博(さとうちひろ)
                      profilephoto
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM