2013.04.16 Tuesday

お魚シリーズ

0
    先日、お魚をメインとしたお弁当屋さんを開業される
    お客様がご来店頂きました。
    そこで、お魚が登場するMYU↑さんの作品を尋ねた所
    下の5点を紹介して下さいました。



    イ、イルカのような・・・新生物???



    七色に輝く大きな夢を持ったお魚さん。
    そして、そっと支えている小さな魚。
    夢の月までのハシゴを一段一段と登って
    きっと夢を叶えるのでしょうね。



    釣られたお魚さんは、悲しそうな顔をしているけど
    きっと新しい世界を見ると喜びそうですね。
    個人的に、MYU↑さんの描いた右下のイラストが
    好きです(笑)



    2001年、個展を開いた時にTシャツに描いた珍しい作品。
    個展テーマが『HOPE』という時でしたので、希望の珠??
    が、お魚から生まれているのが面白いですね。



    夢のお魚さんかな?
    なんだか口元が喜んでいて・・・
    『ドヤ顔』のようにも見えますね(笑)



    作品は、A4サイズ。
    キラキラ手彩を施した後、額装にお入れして
    お届け致します。

    A4サイズの場合1点5000円からで、
    大きさも変更できます。
    ご予算に応じて御提案させていただきます。
    2013.04.15 Monday

    契約満了。そして・・・

    0
      竹田へ移り住み5年半。
      食育をテーマとした地域活性化活動も一旦区切りをつけました。

      地域活性化を人生の主たる生き方として来た。
      講師と現地をつなぐ推進役として2年半。
      商品化及び販路拡大の指導員として2年。
      地域活性化をテーマとした中華そば屋店長として1年。

      現場で先ず動く。最前線で働く手法を取った。
      しかし、力不足を痛感。諸々動かす事、抵抗勢力に打ち勝つ事。
      その為にも、私自身が力を持たなければならない。


      竹田での経験は、何事にも変えられない財産となりました。
      そして、そのスキルを活かしてMYU↑さんの活動に合流する事にしました。
      さぁ、しっかりと力をつけるぞ!

      2013.04.12 Friday

      『地域活性化』

      0

        ▼響きの良い当たり障りのないコトバ。皆が必要な事との認識はある。
        しかし、掛け声だけなら誰でも出来、誰でも酔える。
        行動こそが全てであり、現場こそが現実。向き合い逃げない事こそが始まり。

        ▼地域活性化には、犠牲的精神が必要な部分もある。
        だけど、犠牲的精神を持つ人間は、1人で死ぬ覚悟を決めている。
        決して、自分の代わりに死ぬ仲間を求めたりはしない。

        ▼関わる人の温度差は当然違う。ボランティア、バイト感覚、生活を掛ける者。
        組織として一番やっかいなのは、セーフティゾーンに居る人が大声を出し、
        決裁権を持つ事である。

        ▼『よそ者、わか者、ばか者』の存在は、膠着した地域に波紋を生み、
        新たな基準を基に再構築する事が出来る。その過程に物語が生まれる。
        成功失敗は現れに過ぎず、基準によって異なる。

         

        2012.03.09 Friday

        植樹部隊出発

        0
          DVC00047.jpg
          和尚、綾部さん、にゃぁ、よーこちゃんと
          植樹に出発
          2012.01.17 Tuesday

          地域活性化とは。

          0
             


            「人」が集まり、「場」が生まれ、

            「場」が生まれることで、「想い」が集う。


            「想い」をカタチにするための「企画」が生まれ
            「企画」を進めて「事業」を起こす。

            「事業」を通して、「人」が育つ。

            「人」が育つ事で、「地域」が沸く。


            私は、それを地域活性化と捉えて
            「場」をつくる。
            という事を一生懸命してきたと思います。


            しかし、その場を「作りこむ」事は出来ていなかった。
            作りこみ、脇を固め、少しずつ大切な方を
            お迎え出来ればと考えています。



            本年もどうぞ宜しくお願い致します。

            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            佐藤知博(さとうちひろ)
            profilephoto
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM